悩んでいる男性
  • ホーム
  • 男性の性器で一番多い悩みとは

男性の性器で一番多い悩みとは

日本人男性が抱えている性器の悩みの中でも特に多いのが仮性包茎です。
仮性包茎が悩みの種となる理由は恥ずかしさにあり、日本人男性は特に恥ずかしがる傾向にあります。
海外では仮性包茎は恥ずかしいことではなく、仮性包茎の方でも堂々としていますが、日本では文化の違いから恥ずかしがる傾向にあります。

性器に関する手術が増えてきたことや、日常的な銭湯の利用などで他人の性器を目にすることもあり、自然と比較して自信をなくすことも原因です。
日本人男性の7割以上が仮性包茎とも言われていて仮性包茎に悩む方は非常に多いです。
仮性包茎で悩む理由には衛生上の問題ではなく、見た目で銭湯などでの視線や恥ずかしさ等があります。
性行為を行う際に仮性包茎であることが恥ずかしかったり、性行為をする上で問題が出ないかなどが悩みの種になっているケースも少なくありません。

日本人に仮性包茎が多い理由として日本では子供が幼いころから割礼を行う習慣が無いことが挙げられます。
海外では宗教上の理由や衛生面やニオイの理由から子供が幼い頃から割礼を行う習慣があります。
日本では親が子供に対して割礼を教えることが無く、思春期を迎えてからようやく性器のニオイや割礼や仮性包茎について知る場合が多いです。

当然中には自然と性器の皮が剥ける方も居ますが、思春期を迎えてからでは既に遅い場合が多く、手遅れになってしまう場合もあります。
思春期に仮性包茎から脱却するために、浴室などで性器の皮を剥こうとしても情報が少なくどの様に行えば良いのかが分からなかったり、痛み等の苦悩が原因で途中で諦めてしまうことも多いです。
その他には大人になるまで性器や仮性包茎への悩みを一切持たずに成長するケースもあります。

割礼のタイミングを逃すことで仮性包茎を解消する事ができなくなるのが主な原因です。
一度タイミングを逃してしまうと、割礼が行えない状態の性器になってしまい、余計に難しくなって敬遠してしまいます。

男性器の悩みは手術で解消しましょう

仮性包茎には様々な治療方法がありますが、もっとも安全で安心できるのは手術です。
割礼やその他の方法では時間が掛かる上に、苦悩も伴ってしまいます。
手術では余計な皮を切除するなどの方法で仮性包茎を改善するため、短小等の性器の他の悩みも同時に改善することが可能です。

仮性包茎の手術方法には余計な皮を切るか縫い付ける等複数の手術方法があり、性器の状態に合ったものから選べます。

余計な余計な皮を切って切除する方法では性器の皮の一部を輪切り状に切除して残りの皮で縫合します。
手術の中でも簡単な部類に入り、知名度も高い手術法です。

最近では性器を傷つける事無く行える手術の方法として亀頭増大手術があります。
人体に注入しても問題の無い物質を亀頭に注入することで亀頭を増大して性器の皮を剥く方法です。
痛みが少なく性器を傷つけることもなく行えることから手術方法として主流になりつつあります。

余計な皮を縫い付ける方法の手術は、余計な皮を性器の裏側等の目立たない部分に縫い付けることで行うものです。
この方法では実際に性器を傷つける事無く、見た目も良いものにできます。
手術を受ける病院によっては手術の前にカウンセリングや相談が行えて不明な点や注意点などを良く知ることが可能です。
性器を切ったり縫ったりすることもありますが、麻酔を使用して痛みや不安などの苦悩を和らげます。
苦悩が少ないという点でも手術が良い方法です。

仮性包茎の手術を受ければ余計な皮が無くなり、性器が短小で平均の通常時で0.7、勃起時で13.56cm以下でも平均の通常時で0.7、勃起時で13.56cmの性器に近づける事ができます。
きれいな見た目の性器になれば自信も付きます。