悩んでいる男性
  • ホーム
  • 再発を繰り返す性器ヘルペスの治し方

再発を繰り返す性器ヘルペスの治し方

落ち込んでいる男性

性器ヘルペスは一般的な性感染症で、性的な接触によりウイルスに感染して性器だけではなくお尻などに水ぶくれができる病気です。
ヘルペスウイルスには1型と2型がありますが、性器など下半身に症状がでるウイルスは2型のウイルスです。

2型のウイルスは初めての感染で免疫ができても体力が低下などで再発を繰り返す特徴があります。
単純ヘルペスウイルスが体内に入り込むと腰周りの神経の根元の神経細胞に住みついて潜伏します。
潜伏感染といって何かの刺激でウイルスが再度暴れ出して皮膚や粘膜に再発します。

性器ヘルペスに初めて感染すると、感染してから4~10日間の潜伏期間で発症します。
感染初期は感染した部分に水ぶくれができて、つぶれ、ただれのような状態になります。
男性が感染した場合は亀頭や陰茎体部が多く、肛門周辺や太ももなどにもでます。
症状はヒリヒリしたり、かゆみなどがあったり、2~10日程度で赤いブツブツや水ぶくれができ、水ぶくれが破れて潰瘍ができると強い痛みや発熱などもあります。

女性が初めて感染する場合は外陰部や膣の入り口、おしりなどが多く膀胱まで感染する場合もあります。
症状は女性の方が重症化しやすく、患部に水ぶくれや潰瘍などができて、強い痛みがでて排尿が困難になったり、発熱がある場合もあります。
稀にウイルスが髄膜まで達してしまい髄膜炎を起こす場合があり、この状態では激しい頭痛や排尿困難、便秘などになることがあります。
男女共に再発する場合は小さな水ぶくれや潰瘍ができるだけの軽い症状の場合が多く、再発前には神経痛のような症状や局所に違和感を感じるなどの症状を感じます。

性器ヘルペスの治し方は、初感染の場合はウイルスの増殖を抑えるための投薬治療を行ないます。
一般的に処方される薬はバラシクロビルです。
このバラシクロビルは1回に1錠服用して1日2回繰り返し、続けて5日間服用します。
再発した場合もバラシクロビルを服用しますが、再発してから1日以内に服用することが効果が得られない場合があるので違和感を感じたら早期治療が必要です。
バラシクロビルの主成分はバラシクロビル塩酸塩で、白色~微黄白色の錠剤で単純ヘルペスのDNA合成を阻害してウイルスの増殖を抑えます。

重症の場合や全身に症状がある場合は入院して点滴治療することもあります。
重症や全身に症状がある場合は抗ヘルペスウイルス剤を使い点滴や注射、飲み薬などを症状に合わせて使い分けます。

再発しないようにするために再発抑制療法を行なわれることもあります。
再発抑制療法は抗ヘルペスウイルス剤を毎日服用することでウイルスの増殖を抑制して再発を予防します。

性器ヘルペスの検査と料金について

性器ヘルペスの治し方は基本的には薬物療法による治療を行ないます。
性器ヘルペスの原因となる単純ヘルペス2型は、体内で増殖することで症状があらわれるため、薬物を使いウイルスの活動や増殖を抑制します。
性器ヘルペスの治療に使用される抗ヘルペスウイルス剤は顆粒か錠剤の内服薬とクリームなどの外用薬があり、症状によって使い分けます。

初めて性器ヘルペスに感染すると4~10日間程度の潜伏期間後に発症します。
初めて感染する場合は症状が重くなる傾向にあり重症化した場合は入院して治療することもあります。
初めて感染したと感じた場合は放置せずに病院を受診して早期治療をすることが重症化を避ける方法でもあります。

単純ヘルペスウイルスは抗ヘルペスウイルス剤を使っても体内からウイルスを追い出すことは難しいです。
抗ヘルペスウイルス剤はウイルスの活動を抑制することができますが、症状は改善できてもウイルス自体は神経節の奥深くに潜んでいるため、体力が落ちたり抵抗力が落ちると再発していしまいます。
再発した場合も抗ヘルペスウイルス剤を使った治療をし、再発の場合は症状が軽いためしっかりと治療することで速く治すことができます。

性器ヘルペスに感染を知るには検査が必要です。
病院の検査は、症状が出ている場合はヘルペス抗原検査をします。
料金は8000円程度で結果は検査後15分程度です。
症状があらわれていない場合のヘルペス抗体検査の料金は8000円程度で症状がある場合と同様の料金で検査結果は検査から4~5日後です。
特に初めての感染は早期治療が大切で重症化すると入院する場合もあるため症状があらわれてなくても思いあたる行為から1ヶ月以上経過すると検査は可能なため早めに病院を受診して検査します。